読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

抜け落ちたB、頼りないA、待っているP

 

どうも最近ヨジャチングに激ハマりな私でございます。やっぱり女子も男子もアイドルは6人組がいいよね!!!ということで、私が愛する男子6人組アイドルB.A.Pの 2nd Japan tour “Be.Act.Play”@大阪1日目に行ってきたよ!(ヨングクさん欠席のため、5人だったけど……)昨年春のライブは日程の関係上断念していたので、2014年のLive on earth@大阪以来の生BAPの皆さんでした。3年前のLive on the earthは会場が国際会議場の大ホールだったけど、今回はだいぶキャパが縮小され、堂島リバーフォーラムでの公演。私はずーーっとBAPのライブをスタンディングで見たいと思っていたから、今回リバーフォーラムで見れて本当によかった!!ステージ見やすい会場だったし、個人的には満足。今後もぜひスタンディングでやってほしい!是非とも生演奏で!!弦楽器がいなくてもドラムが入るだけでライブ感強かったし、バスドラムの音で身体が振動する中、ペンライトを振り回せてとっても楽しかったので次回もぜひ!!

 

ヨチンばっか聴いてて予習をそこそこにしかしていなかったので、セットリストごとの感想は割愛。久しぶりに見た彼らの感想を置いていきます。

 

▶デヒョン

f:id:xx_2kaido_xx:20170130223714j:plain

ライブ見ながらデーちゃんが歌を歌う道を選んでくれてよかったなと思ったし、デーちゃんがあの事務所に入ってBAPのメンバーに選ばれてよかったなと思ったし、デーちゃんの命が人間に宿ってよかったなと思ったし、取り敢えず森羅万象に感謝した。闇の活動休止期間中に歌うことを嫌いにならず、その道から去っていかないでくれて本当によかった。デーちゃんにはずっと笑顔でパワフルな声を響かせていてほしい。私は君が歌い続けていくために何ができるかな……お布施だな!!!!!と考えていた。4月発売予定の日本版はきちんと購入致しますので、はした金ではございますが事務所様及びデヒョン先生の懐に収めていただければと存じます。

それにしても、デーちゃんってメンバーの前だけで見せる酷くゲスい面(しかし最終的には貧乏くじをひく)がバラエティ番組なんかでファンにも知られてるのに、ファンの前ではみんなの彼氏です♡とか言っちゃってかわいこぶってるとこがキュートだよね〜〜!!バカな子♡自作曲“YOU”の歌詞は実体験に基づくものではないと必死に否定していて可愛かった。ファンタジーを全力で守り抜こうとするその姿勢、嫌いじゃないぞ。

 

▶ヨンジェ

f:id:xx_2kaido_xx:20170130223707j:plain

相変わらず昨日もヨンジェ先生は大変ずるいものでございました。初めのお色直しでは、胸元に大きなリボンタイがついたサイケ柄のシャツにお召し替えされ、彼が跳ねる度に胸元のリボンがふわりふわりと揺れていた。リボンタイだなんてかわいい代物を、嫌みなく、甘くなりすぎないようにツンとした表情で着こなすヨンジェ先生はやはり女優そのものでした。お次のお色直しでは、オーバーサイズの白シャツに黒のチョーカーを首に巻きつけてのご登場でした。さすが韓国男子アイドル界のマチルダことユヨンジェ先生。フェミニンさを醸し出すのがお上手。

MCにおきましては、メンバーの言葉をゆっくりと自身の言葉で通訳してくださり、ご自身の思いや考えも他のメンバーとは比べ物にならない流暢さと、ウィットに富んだ表現を交えながら話してくださいました。その溢れ出る聡明さがユヨンジェ先生を更に輝かせ、美しく高貴なものであることを証明していました。ヨンジェ先生は私たちBABYの一生の憧れです。

 

▶ヒムチャン

f:id:xx_2kaido_xx:20170130223825j:plain

会場に向かう道すがら、ヒムゥチャンのこと親指おじさんとか言ってケラケラ笑ってたけど、それを謝りたいと思うほどヒムゥチャンは最年長者として頑張っていた。体調不良で不在であるバンヨングクの穴を、懸命に埋めようと努力していた。ヨングクさんのラップパートを代行することも多く、慣れないフォーメーションの移動もなかなか大変だったのではないかと思う。

ヒムゥ先輩はパフォーマンス面だけでなく、MC面でもバンヨングクの穴を埋めてくれた。最後にヨングクの代わりにファンの皆様へメッセージを……って言ったあと、ヨングクさんの声真似して喋りだしたのクソ笑った。

しかし愛されキャラで貶されキャラのヒムゥ先輩は、弟たちから散々ネタにされからかわれていて、ヨンジェ先生から「ヒムチャンさんは今、一時期に比べて痩せてきていて、イケメンに戻っている最中です(意訳)」と言われていた。年上の威厳とは。

ただ疑問に思ったことは、なぜ汗っかきなヒムゥ先輩が基本スーツ衣装だったのかということです。ご老体に鞭を打つタイプのスタイリストヌナ!!!

 

▶ジェロ

f:id:xx_2kaido_xx:20170130223842j:plain

うりまんねじぇろ感半端なく、ジェロさんマジゆるゆるで自由に動き回る。メンバー整列しててもひとりフラフラ。しかし、自作曲である“祝福”を披露する際には一転、ふらふらしつつもしっかりと感情的に表現する様子を見せてくれた。自分で自分の名前を呼んでみたり、キャスター付きの椅子で縦横無尽に動いてみたりと可愛さ連発させつつも、キメるとこキメるジェロさんかっこいいぞ!

多少オーバーサイズに見える赤×黒ボーダーのトップスに左肩にだけサスペンダーをかけているスタイリングが可愛かったな〜。背がぐんぐん伸びて外見は大人っぽくなったけれど、中身はふんわりとしたロールパンみたいな末っ子キャラのままだった。デーちゃんとヨンジェくんにカンペを先に読まれてしまい、口をへの字にし首をかしげて不満な顔するの超かわいかったし。ジェロさんはきっと、困ったときはケツを振れば何とかなると思っている。

 

▶ジョンオプ

f:id:xx_2kaido_xx:20170130223909j:plain

やっと世界がムンジョンオプに追いつき、“SKY DIVE”のMVを見た私に「これは世界を抱いたな」と思わせたムンジョンオプだが、MC時にカンペを読むのは恐ろしく辿々しく、その酷いギャップに私の心は爆発四散せざるをえなかった。カンペを読む際に、目を細める姿まで愛おしいと思えてしまうし、私の心の破片は宇宙の果てまで飛んで行っただろう。しかし、音楽がかかればあの射るような目つきで猛々しくこちらを圧倒するダンスを見せてくれるジョンオプさん。あと世界を何回抱けば気が済むのでしょうか。

ソロ楽曲“PHOTO”では、力強いいつものダンスとは打って変わって、大人っぽい曲調に乗せ空気を含んだようなしなやかなダンスを披露してくださる。ただセクシーというよりは、清らかな何かを見ている、という気持ちになった。大切なものに対する感情の片鱗を見たような、そんな気持ち。ヨングクさんのラップが入ることでまた不思議な感覚になる。ジョンオプさんとヨングクさんって、水と油とは言わないけど、混ざりにくい成分でお互い出来てる気がする。

 

▶セットリストとバンヨングク

f:id:xx_2kaido_xx:20170130223930j:plain

個人的には今回のセトリはパッとしなかった。ヨングクさんの穴を埋める為に無難かつ無理をしないセットリストにしたが為にバラードが多くなり、初っ端はそれなりに盛り上がっていたのにバラードタイムが始まった中盤から最後までトーンダウンしたまま終わってしまった印象がある。ジェロソロ祝福までの流れは良かったと思うし、“Check on”のダンスも楽しかったし“That's my jam”あたりはとっても盛り上がった。ただ活動曲も色々と聞きたかった気持ちはある。スタンディングだと思って気合い入れてただけに、後半盛り上がりに欠けて消化不良だった。

やっぱりBAPの音楽を表現するにあたってバンヨングクの存在は非常に大きく、メッセージ性が強い楽曲(主に過去の活動曲)はバンヨングクがいないと難しいのだなと……BAPのBはバンヨングクのB説を強く裏付ける結果となった。

MCに関しても、ヨングクさんは居たところで特に喋るわけでもないけど、彼がその場にいるだけでメンバーを安心して暴走させられる(最近はバンヨングクが率先して壊れがちだが)ものなのだなと実感した。ヨングクパッパがいないだけで、彼らがとても頼りなさそうに見えてしまったのは事実だ。パッパのあたたかい眼があるからこそ、ヒム母もキッズたちも伸び伸びとしていられるのである。

 

▶とどのつまり

バンヨングクに会いたいので、早くよくなってください。でも焦らないで。あなたが落ち着いてステージに立てるまで待ってるから(ガチ恋)。

 

▶ライブを終えて

なんでか分んないんだけど、ライブ終わってからバンデ熱がぶわっと急上昇してしんどくなってる。あの場所にバンヨングクいなかったのになんで私はバンデに萌えてるんだろうって心の底から疑問に思うんだけど、ふたりの関係性って特別なもので結ばれているような気がしてならなくなってしまった。ライブを見ながら、デヒョンくんとヨングクさんは根本的なところが似ているような気がするし、お互いに重荷を背負い続けてきたんだろうなとか、勝手なことを考えてた。今後デヒョンくんを泣かしていいのはバンヨングクだけだ、というよくわからない結論に至るぐらいには脳の腐食が進んでいるので誰か助けてほしい。

 

次回のライブでは、彼らに歓声が届けられるように頑張りたいと思った。今回少し大人しかったかなと思うしホイッスル勢が少なかった気がする。(かく言う私はホイッスル持って行ってたけど予習してないから吹く箇所があやふやでBAP登場の際にしか吹けなかった怠慢ホイッスル勢)。後ろの方で歓声もろくに上げずフラフラしてキャッキャしてただけだったんだけど、メンバーの為にレスポンス返していかなきゃ!一緒にライブを作っていかなければ!盛り上げなければ!という義務感を抱いた。もっと積極的に楽しむスタイルを模索していきたい。

そしてできることならソウルコンに行きたい。いや、今年こそは行くぞ!という気持ちなので、自分を磨きながらバンヨングクさんのことをずっと待っていますので宜しくお願いします!!!!!ガチ恋!!!!!!!!!