読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

五線譜の上を駆け抜ける

 

わーい!いまさらBAP@神戸の感想書くよー!!!そしてSBS歌謡祭についても後半で触れるよー!!

 

セトリは全く持って覚えていないので、kstyleさんから拝借いたしました♡毎度お世話になっております♡♡*1しかし、これは東京公演のセトリであり神戸公演のセトリと同じかどうか怪しいので、鼻で笑う程度の気持ちで読んでいただけるとわたしの肩の荷も下りてデヒョンくん並みのなで肩になると思いますのでよろしくお願いします。

 

▲∵ 2013/11/20 B.A.P 1st Japan Tour : WARRIOR Begins@神戸ワールド記念ホール∵▲

 

神戸ワールド記念ホールには以前行った経験があったので、迷うことなく辿り着けました。しかし、さすが出不精のわたし。出発するまでに相当時間がかかって(なぜか出発するまでMR.MRの新メンバーをチェックしていた)(予習しろ)、結局開場1時間前に会場到着。物販なくなるんじゃないか…と得意の心配性を発揮して冷や冷やしながら電車に乗っていたのですが、売り切れなど全くなく、欲しい欲しい!と思っていたBAPパーカーも無事購入することができました。黒いパーカーを持っていなかったので大満足!背面のマトキも黒で描かれているためそんなに目立たず、日常生活でも難なく活用できそうです。BAPパーカー着て片田舎で絶賛引きこもってます♡

以前横浜に出向いた際にひたすら「じゅのんちゃんの顎の成長が止まらない」と嘆いていた友人と久々に会って散々オクキャットの話をした後、開演10分前ぐらいに入場。プレイガイドの第二次先行でチケットを確保したため、思いっきりスタンド席で尚且つがっつり後ろの方でした。 肉眼で彼らを確認できるものの、表情までは読み取ることができないし顔でメンバーの判別は不可能な程遠い座席でした。ピニ@東京国際フォーラム3階一番後ろ一番左端という座席を経験したことがあったので、それに比べたら近いんじゃね!?ということで問題ありませんでした。このチケ運の悪さ、はんぱじゃない。

狭いスタンド席に着席して会場観察。アリーナ規模のKドル公演は初めてだったので新鮮でした。スタンド席にはちらほら空席があり、スタンド上部には「warrior begins」と書かれた黒い幕がかけてありました。公演の数日前にもチケットまだあるで!とチケット会社からDM来てましたし、平日2daysなのもあってやっぱり全席埋めるのは難しかったかぁ…という感想を抱きましたが、あの黒幕かっこよかったから問題ないと思う♡(勝手にポジティブ)

 

▲オープニング

会場の灯りが落ちるとと共に会場のお客さんたちは徐々に席を立ち始め、アリーナ一面が緑色のライトで埋め尽くされる。大きな音が鳴る度に会場は歓声で湧くものの…BAPさん焦らす焦らす!!なかなか出てこない!!!!

画面にはマトキを取り込んだ三角形が映し出され、ナレーションが流れてくる。その三角形を見たわたしはトライフォース…!と思いましたごまだれー!三角形だっていう部分しか共通点がないのは自覚しています…。それに加えて、白装束に身を包んだ男性が登場。この男性の立ち姿が堂々としていてとても綺麗でした。遠目から見ても素晴らしい体躯!ゆっくりとした動作がまた美しくて神々しく見えました。そしてナレーションが入ったのですが、英語のため聞き取れませんでした。ただ分かった単語は「warrior…」だけだった♡外国語お勉強したい♡♡

其の後、白装束の男性の元に黒のフードを目深に被った人が6名出てきました。スクリーンに映し出されている赤い三角形の前に立つ白装束男性と、その傍らに黒フードの使者たちが控えていて、まるで儀式のようでした。そして、この状況下の中ファンにより鳴らされ続けるホイッスルの音は、わたしの恐怖感を煽りました。え、何これちゃんとBAP出てくるの?え?闇の集会なの?え?会場間違えた?と思うほど不穏な雰囲気が出てました。そして「warrior...」としてBAPの面々が登場。やっと出てきた。

 

1.POWER

2.What The Hell

3.Badman

Powerは日本語バージョンがあったことを忘れていて、あれ、わたしの知ってるPowerじゃない…って素で思いました(馬鹿)。What the hellは何だか曲調とかがだっさくて大好きだったので、まさかの2曲目でもう好きな曲きちゃうの!って思ったけど聴けて嬉しかった!確かWhat the hellだったと思うけど、両サイドのスクリーンに赤い手がが映し出されてて、それがすごく印象的だった。怖い。

Badmanの際には、後ろのスクリーンに町が爆撃にあって燃えてる様子が映し出されてました。燃えてる表現多かったな、今回。公演を見ながら、どういう意図なんだろうってずっと考えてた。深い意味はないのかもしれないけど。

 

4.I Remember

5.ウムソンメッセージ

6.RAIN SOUND

雨が降る映像とヒムチャンのナレーションが印象的なコーナーでした。スクリーンに映し出される雨模様、というより寧ろ豪雨だったねあれは!カフェで彼女と云々かんぬん…って展開だった気がするけど覚えてない!だってもう一ヶ月以上も前のことだし!!メモにも書いてないからわかんない!!!!

メンバー1人ずつ登場して、ラップしたり歌ったり踊ったり喋ったり、そんな感じ(投げやり)。初っ端がヨングクさんでソファに座りテーブルに向かってペンを走らせ、気に食わなくて紙を乱暴に丸める。そしてラップへと移る。酒瓶のようなものがあったかな、という記憶がありますな。続いてデヒョンくんが登場して歌う。とっても期待していたI Rememberがこんな感じでぱしおおこ。勝手に期待してんじゃないよ、って言われそうだけど、ぱしおおこだもんね!!!

以前ハイクにも書いたことがあるんですが、わたしはデヒョンくんに爆発してほしいという願望があります。デヒョンくん、割と感情込めて歌ってたじゃん、なのに不満なわけ?という声もあろうかと思いますが、ええ不満ですね!!!感情の爆発というのは抑圧があるからこそより威力が大きく衝撃的なものになるのではないか考えるわたしにとっては不満です!!

わたしは静かに始まって徐々に盛り上がり、後半で轟音になる楽曲が大好きなんです。サビを歌うだけでは伝わらない高揚があるのですよ!!Cメロがあるからこそ最後のサビが際立つんです、あそこで爆発してくれたらわたし本当言うことない!!!そして更なる欲を言えば、最後のサビでロングトーン(あの歌唱って何て呼べばいいの?)を披露するのではなく、サビの部分を歌いながら爆発してほしいんです!!!最後のサビの感情極まりポイントで必ずと言っていいほどロングトーン役なデヒョンくんなのでそこ不満ですね!!言葉を紡ぎながら苦しそうに爆発して!!!

わたしが一番好きなI Rememberは言わずもがな、デビューショーケースです。 

  

表情にまだ不安とか緊張が残ってるよくっそかわぁTTTT今ほど我が出てないから大人しそうに見える可愛いTTTT目尻が跳ね上がってるメイク可愛い…地味に萌え袖だよぉ…?何だろうね、この子の男らしく見せようとしてるのに無意識のうちに可愛らしさが同居しちゃってるところがすごく可愛い…って話が激逸れ!!!

見せ方や聞かせ方が確立しておらず、感情や気迫だけで歌いあげているようなこの感じが堪らなく良いです…。わたしはその場にいることで伝わってくる感情的な要素を大切にしたい性質なので、従来のバージョンの方が好きです。

このI Rememberにガツーン!とやられたので、CRASH収録のI Rememberは綺麗すぎて何だかちょっぴり物足りません。音源用だからしょうがないとは思うけど、ちょっぴり、ちょーっぴり不満!

は?ダンサー?いらねぇよ!!ふたりだけの世界にしろって言ってんだろ!!!って思う部分もあるよね(本音出た)。歌っている最中は基本的に眉間が爆発寸前のデヒョンくんですが、是非感情の方は寸止めせず好きなだけ爆発させていただきたいなと思う次第です。

とね、I Rememberについて語りすぎてしまったわけですが、このときのデヒョンさんの衣装がバスローブにしか見えなくて可愛かったです。そして舞台装置として公衆電話が設置されていて、デヒョンくんはそれに歩み寄り電話をかけるわけです。しかし、聞こえてくるのはツーツーという電子音。デヒョンくんは受話器を手から落とし、客席を一瞥した後に去っていきました。

電話かけて繋がらないっていう設定が本当デヒョンくんに似合ってて溜まらなかった!相手のことを思っているのに、応答してもらえない!何これ!いつものメンバーとデヒョンくんの関係と一緒じゃん!!!!!! 

I Remeberに必死すぎたため、ここから記憶が曖昧になってるんですが、ヨンジェくんとデヒョンくんが並んで歌っていたのを覚えています。ヨンジェくんってBAPの楽曲を歌うときはさらりと歌うことが多いので、ビブラートをかけて歌っている姿は新鮮で少し吃驚しました。

そしてRAIN SOUNDへと続いたのですが特に何も覚えてないです…(^^)

 

7.Fight For Freedom

8.COMA

9.PUNCH

10.No Mercy

11.0(ZERO)

12.Excuse Me

この6曲はバンド演奏にのせてのパフォーマンスでした。ここらへんから自分の腰が痛くなってきて、やべぇ健康になりたい…ってことを考えてしまってあまり集中してなかった(最悪)。

この中では特にPUNCHが印象的でした。曲が始まってからしばらくは全員中央のステージにいたと思うんですが、途中からデヒョンくんがメインステージの方に移動して、階段の中腹でひとりふらふらしていました。サビの殴るような振り付けをふらふらとのらりくらりとひとりで踊っていたのが記憶に強く残っています。意図的に音楽にのろうとするのではなく、音楽に身を委ねて漂うような、そんな感じに見えました。その姿が気持ちよさそうで楽しそうで、見てて微笑ましかったです。

わたしはあまりファンカム等を漁らないので、神戸公演で初めてPUNCHの振り付けを見ました。サビでパンチするんすね!いっかすぅ~!!一番似合ってるのジョンオプさんだなと思いました右ストレートカッケェー!!何だか見ててキュンとした。マジだよ(^3^)-☆そして始まるマンネ同士のタイマン茶番劇!ジェロさんの右フック(だったと思う)がジョンオプさんに命中!ジョンオプさん、どさりと背中を床につけK.O!!!!ヒムデも混じってたこの茶番可愛かった。

このバンド隊とのステージの最中、デヒョンくんはやたらバンド隊のお兄さんの方に寄っていってました。リンキンパーク聴いてる!とか言ってたデヒョンさんとしては背後にバンド背負ってパフォーマンスするの凄く楽しかったのかなぁって思いました。

あまりOne shot収録曲を予習していなかったことが判明したパートでした。

 

13.Hurricane

14.Dancing In The Rain

15.HAJIMA -ハジマ-

16.CRASH

Hurricaneが始まる前にDJマトキが登場して、しばらくの間DJタイムになってました。さっきまでバンド編成だったのに、次はDJスタイルなんですか!?何これ楽しい~!なんでわたしスタンド席なんだろ~!泣くぞ~!と思いながらゆらゆらしてました。

Dancing In The Rainが超楽しそうだったいいな~いいな~なんでわたしスタンド席なんだろ~!泣くぞ!パート2でした。ハジマ日本語バージョンはマジでハジマと思いました。

CRASHは記憶がないです!わはは!!!

 

 17.ONE SHOT

One Shotのリリース直後のツアーだったので、この締め方は納得でした。後ろのスクリーンにはBadmanのときと同様に空母により街が破壊されているアニメーションが流れていました。最後にうろ覚えなんですがtake your chanceのような言葉が映し出されて、その後にpeaceという文字が大きく映されました。なんかちょっと…何だろうな、これ…って大変心の中でもにょりまくりました。

 

EN1.WARRIOR

この曲をやらずして終われるわけがなかろう!!ということでアンコールでWarrior。長居はせずにパフォーマンスを終えるとさらっと帰っていきました。ええ、記憶がありませんので書くことがないのです(最悪)。

 

▲MCとか覚え書き

MCは基本的に少なめだったような気がします。2回か3回ぐらいだったかな。パフォーマンスに重点を置いていてとても好印象でした。以下、そんなMCだとか全ステージを通しての感想を箇条書きでお届け!

・デヒョンくんは常に可愛らしくファンサービスも愛嬌も満点でした

・何の曲か忘れてしまったけど、ヒムチャンの腹筋を披露させようとメンバー、バックダンサーでヒムチャンを取り囲むシーンがあった。そしてヒムチャンから走って追いかけられるデヒョンさん、という場面があって可愛いかったですね。

・デヒョンさんは取り敢えず誰が何を発言しても返事しまくってました。ナイス リアクション芸人!

・「おおきに〜」と共にハモるマンネ組

・マンネ組と共に「倍返しだ!!!!」を披露するヨンジェくん 

 ・6人で影分身の術を披露。ヨンジェくんを先頭にして残りの6人が後ろに並ぶ。ヨンジェくんが術を唱え、ポーズを決める5人。最後尾についたヨングクさんはポーズをとるのに時間がかかっていた。〜低速〜

 ・デヒョン「あ、昨日の可愛いファンだ!」メンバー聞き取れなかったのか軽くスルー、会場からの反応特になし。結果:デヒョンさんすべる

・じぇろ「みんな僕のファンです」

・じぇろ「ゼロじゃなくてジェロ、ジェロ、」と日本語発音すんな(語弊)と念を押す

・会場みんなで「コンビニ行くで!!」

・おこのみやきを「おこのきや」と言ったバンヨングク可愛すぎて爆発した

・ヨングク「(前略)…ありがとうございます、した!」ひむお「うーん、日本語むじゅかしぃー」他メンバー「〜がやがや〜」

・MCの際はマイクを両手で持つヨングクさんにうぐぐぐぐ

・I Remeber時のデヒョンくんの衣装がまるでバスローブ

・ねっころんでラップするジェロさん。ばっどがーるぐっどがーる。

メッセージ性の楽曲を全面に押し出して力強いパフォーマンスをする一方で、MCとなればふにゃりと雰囲気が変化して可愛くなってしまうBAPのこのギャップ。愛さずにはいられない…さすが末っ子集団です。

 

▲公演全体を通して

彼らのパフォーマンスはもちろんのこと、映像やSEなどの音楽にも気を遣っていて、世界観の表し方もよかったなと思いました。メンバー以外のパフォーマンス(フードの人たちが出てきたり、ダンサーのパフォーマンス、バンド演奏、DJタイムなど)が多く盛り込まれていたため、確かにBAPの登場時間はその分削られてはいました。けれど、わたしは色んな音楽を聴くことができたし、ひとつの完結したお話を見たような気分にもなれて、公演自体を楽しむことが出来ました。オープニングの感想をたらたら長いこと書いてるけど、それだけ印象に残ってるってことだもの。今回のアリーナツアーは総額3億かかってたって話だけど、その分全体的に質が高かったと思うな。是非DVD化して他の国のファンたちにも見てほしいと思う内容でした。

わたし自身アリーナ規模での単独をする韓国アイドルを見に行ったことがまず初めてだったので、他のアイドルと比較することができませんが、アイドルの公演は「自分たち(アイドル自身)を見て楽しんでもらう」という要素が強いように感じていました。しかし、BAPはただ自分たちを見せるだけではなく、観客と共に楽しむということが出来ているなと思いました。

そして、日本のインタビューにおいてヨングクさんは幾度となく「意味のある音楽を作りたい、聴かせたい、届けたい」と話しており、何かを表現する際にその中に意味を込めたいという気持ちが強いのだな、と思っていました。だからこそ、今回のアリーナツアーでも同じように伝えたいメッセージがあったんじゃないかな、と公演全体を見ていて思いました。それゆえのOne shot終わりのメッセージだと思うしね。メンバーたちもアイディア出したみたいだけど、あのメッセージやスクリーンに映る映像に関して、彼らがどこまで関与していたのかわからないので、真意を知ることはできないけれども…。*2ライブを通して観客と楽しみ対話をしつつも、自分たちからのメッセージを与えることも考えている、という綿密さが素敵だなと思いました。

 

結論:I Rememberのロックver.を生で拝聴することができるまでBAPを好きでいることに決めました。

 

せっかくバンドもいたのに、なんでI rememberをバンドでやってくれなかったのか!わたし決めちゃったから!!!だからよろしくねデヒョンくんを始めBAPメンバー、果てはスタッフそしてTSエンターテイメントさんよろしくね!お頼み申し上げますからね!!気が向いたら各国I Rememberまとめとか作りそう(笑えない)。

 

今まで音楽聴きたいだけだしアイドルのイベントでの座席なんて特に気にしてなかったんですが、今回デヒョンくん見ててちょっと前の方で見たいなぁ、と思いました。BAPの公演は鑑賞するよりは楽しむ側に回りたい。あの臨場感だとかその場で感じられる熱を浴びたい、と初めて思いました。

一人で見に行くとどうしても観察がメインになってしまって思いっきり楽しむことができないなぁ、と。わたしはどのライブ・コンサートに行ってもそうなんですが、ただその場で音楽を楽しむというよりは、その音楽を聴きながら考え事をしたりそのステージでのことを考察したりすることが多いです。アイドルだったら基本的に考察したり、その場で起こったことを覚えておこうとしがちですね。ライブだったら、音楽にのりながらもひたすら考え事してる。頭の中を空っぽにして楽しむってこと、なかなかできないみたいです。

今までモッシュかますようなライブとかにも参加してきたし、フェスの途中で興奮して衝動的にモッシュの波に突っ込んだこともあるんですけど、アイドルではそういう昂ぶりを得たことがまだありません。そして、まだ叫んだことがない!アイドルの一挙手一投足に黄色い歓声が鳴り響く様子を目の当たりにすると、まだちょっと引いてしまう所もあって、その場に慣れるまでちょっと時間が必要になる。ギャー!とか言ってた方が絶対に楽しいと思うし、やっぱり参加するからこそ楽しいってところあるからさ、会場の大多数のように叫んだりしてみたいなって思います。

 

と、神戸公演の感想はこれぐらいにして、皆さん昨夜のSBS歌謡大典はご覧になりましたか?観覧席では右後ろの隅っこ、エンディングのステージでは左端の隅っこを陣取ってちんまり納まるBAPさんたち凄く可愛かったですねTTバンヨングクの前髪も、MC中に指で笑顔を作って見せる仕草も、すっげぇ可愛かったですねTTあと気づきました?デジョンあったの気づきました?MCの後ろで小さくデジョンしていたのでgif作ろうかと思ったんですが作ってみて「必死すぎんだろ…」と我に返ってやめました(^3^)-☆

パフォーマンスももちろんかっこよくて素敵だったのですが、それよりも他のアーティストのパフォーマンス中に立ち上がって楽しそうにしているBAPさんたちが素敵でした。ノってるからか、カメラにも幾度となく抜かれてましたね、ありがたい。

 

ヨングクお兄さんが出演するラッパー大集合ステージではもちろん立つ。てかカメラワークの馬鹿!ヨングクさんのラップパートのときヨングクさん映ってないじゃん馬鹿!!!TTTT バロとヨングクさん衣装被ってるな。

 

Dynamic duoとペチギのステージでは立って楽しそうに音楽にのっているBAPさんたちが映っていました(1:40あたり)。 

Bumkey、San E、Verbal Jintのステージではノリノリのヨンジェくんとジェロさんが映っていました(2:40あたりから)。その後、観覧席がざっと映るんですが、イムシワンとケビン兄さんはひたすら手拍子をしています。ふたりともおじいちゃんみたいだよ、すっげぇ可愛いTTイムシワンさん仰け反って手拍子とかおじいちゃんだよTT

基本的にHIP HOPとなれば立ち上がって楽しそうにゆらゆらしてるBAPたちを見ているのが楽しかったです。ノリ方にやらされてるようないやらしさを感じなかったのは贔屓目だからかな。純粋に楽しんでいるように見えました。こうやって音楽を楽しむことができるから、アリーナツアーでも見たように観客と共にパフォーマンスを通して楽しむことができるのだろうなと思いました。結論としてそれが言いたかったんです。彼らの音楽に対する姿勢が好きだと思いました。

 

昨夜はSBSをずっと見ていたのですが、何を見ても面白かったです。コラボステージが多くて面白かったなぁ。念願の帝国コラボステージもあったし。明日のMBSもとっても楽しみですね~!

2013年のまとめがしたい…と思いつつ、今年のうちに感想あげとかんとな!と書き始めたら思いの外じっくり書いてしまって、もう2013年も残すところあと1日となってしまった…早い…大掃除とか手付かずだよ…!掃除はいつでもできるし、2013年のうちにまとめたいと思ってたことはまとめてしまおう!ということで下手したら明日も更新します。陰気だなぁ、わたし…。

 

おわり